【コンボ周回】月コンボ,純コンボ,転移コンボの回し方

Ver5.2から追加されたスキン効果により、周回と言えばコンボミラーと言われるくらいメジャーなものになりました。

しかしコンボダイスは敷居がかなり高いダイスの一つでもアリ、使い方はもちろんステータスが揃っていないと使いにくい…という声も多くいただきます。

そこで今回は巷でよく聞くコンボ3兄弟の使い方についてご説明させていただきます。

先に説明しておくと

  1. 月コンボ→高ステータス向け
  2. 純コンボ→楽園持ち前提
  3. 転移コンボ→中間層向け

という風になっているので、自分が気になるところをピックして読んでください

スポンサーリンク

月コンボ

BF/推奨ステ 効率
航行/月8コンボ8以上 7.5枚/m
検証時参考ステータス
1350%/ジョーカー9/成長10/コンボ9/月8/適応14
ざっくり紹介
コンボには珍しく成長を回すスタイルのミラー編成。55コンボあれば出目が揃っていれば80~90ウェーブ周回が出来るので55コンボまではコンボを追いかける。(検証時参考ステータスを参照してそれより低い場合は+5~10コンボしてください)

バフ9個盤面の隣接40が出来ればもう最高です。

序盤 ~30ウェーブ

再序盤の動きで重要なポイントがあります。それは29ウェーブを超える火力を覚えておくことです。
例えば私のステータスだと月3隣接出目4コンボ15月レベル5なら29まで突破することが出来ます。

なぜ、自分の火力を覚えておく必要があるのかと言うと『無駄混ぜ』を極力少なくする必要があるので、無駄に合成をしないためにも最低限の火力で超す場面が出てくるためです。

盤面が事故っている場合は無理に月や適応などを畳まずにそのままナイトまで受けたほうがSPを節約できるので、自分の火力を覚えておくことはかなり重要です。これは転移コンや純コンボでも同様のことが言えるのでコンボを扱う際には覚えておくと良いでしょう。

 

30ウェーブまでのコツは無駄混ぜを極力減らした動きでSP節約することです。このときに9個盤面を意識した立ち回りをしておくとナイトを抜く場合やナイトで事故った場合にもリカバリーがしやすいので覚えておきましょう。

9個盤面については別節にて紹介します。

中盤~60ウェーブ

55~65コンボあれば80ウェーブまで行くことが出来るのでコンボ数を意識して回していきましょう。このときにバフ位置は成長を回して高出目を取りに行っても良いですし、ナイト変換で出目が高くなってしまった場合には回さなくても問題ありません。

レオンを受けるか受けないかの判断はとても簡単で『出目7が事故っているかどうか』で決めると良いでしょう。出目7が事故っている場合は50ウェーブレオンを受けてリカバリー+コンボ稼ぎを行います。レオン受け後は成長を回して高出目を作りに行きましょう。

終盤61ウェーブ~

後半に意識することはSPを枯渇させないこと高出目を作ることです。SPが枯れてしまうとマジシャン、レオン、ナイトを相手にした後のリカバリーをすることが出来ないので、無駄合成しないように注意しましょう。

高出目月に高出目コンボが隣接していれば雑魚やボスを倒すことが出来るので、敵を倒す火力が足りない時月がなくて事故ってる時コンボがなくて事故っている時以外の合成を控えるようにしましょう。

事故を修正するついでにコンボを稼ぐことでSPを余らせることが出来ます。クリダメ1400%月9コンボ9の場合は75コンボあれば100ウェーブ超えることが出来るので、そこまで高いコンボ数を意識する必要はありません。

コンボ数を稼がず出目を意識した立ち回りで安定して周回をしましょう。

[おまけ]月コンで月バフ意識する立ち回り

月コンを始めようとする方の中で”中寄せ”という言葉を聞いたことがある方も多いかと思います。

これは盤面の真ん中9マスに向かって合成していく方法で、初心者やバフあり編成を動かすのが苦手な人にオススメな合成の仕方で、ごちゃごちゃに混ぜるより安定して月コンを立ち回ることが出来ます。

ただ、中寄せでは月コンにおける最高盤面を取るには無駄があまりにも多いので、月コンを上手に回している人は中寄せを行いません。(月コンボ編成が高ウェーブ編成の最適解の時にコンボのクラスが低くても高ウェーブ行けていた人はこの調整が美味い人達でした。)

月コンボが上手な人はバフの起点を決めてコンボに9個のバフが付くように合成していく方法を使う。

月と言うのは3,5,7個で活性化するダイスで盤面に置く数が決められているので、コンボの置ける場所や最大数が決まっております。活性化している状態の月と隣接しているコンボの最大数は10個ですので、ここを目指せばいいというようなイメージです。

10個目指すのが最高ではあるのですが、コンボ数を稼ぐ場所や崩れやすさの観点から、月コンボを回す人は月の隣接が9個になる盤面を目指してビルドしていきます。(これを9個盤面と呼んでいます。8個の時は8個盤面、7個の時は7個盤面

※例えば9個盤面は月3つ、コンボ9つですので、空きスペースが3つあります。この3つで低出目コンボを回したり、月の出目を高めるためや事故防止の高出目適応やジョーカーを作ったりしています。

月バフのコツについては、1つ起点を作ってその出目を高めるとやりやすいので少しだけ掘り下げて説明していきます。

月バフを上手くビルドするコツ

説明しやすいように番号で説明していきます。上記の番号を見ながら読み進めてみてください。

 

9個盤面のベースは中寄せのA2~C4(B3以外)+B1,B5を起点に考えます。この数値であればどこを起点にしても9個盤面を作ることが出来ます。

【9個盤面の組み合わせ】※太字は四つ角

A2,C3,B5/C2,A3,B5

A2,C1,B4/C2,A1,B4

B1,A3,C4/B1,C3,A4

B1,A3,B5/B1,C3,B5

B2,A4,C5/B2,C4,A5

(詳細はバフ盤面メモを参考にしてください。)

外側からB3と四つ角から9個盤面を作るために必要な起点10個に合成し、高出目の月が出来たときにそこを起点として9個盤面を作るイメージです。
※例えばA2に出来た場合はC3,B5やC1,B4の位置に高出目を作っていけば9個盤面を自然と作りに行くことが出来ます。

このときコンボ初めの方は高出目月の隣接に高出目コンボを作らないように注意してください。理由はとても単純で高出目月の隣に高出目月が並んでしまうと、月の位置を作り直ししないといけないので無駄合成が増えてしまいます。

そうならないように月隣接の高出目はなるべく剥がして、他の位置の持っていくような合成を意識すると良いでしょう。

例)C2に月6があってC1に高出目コンボが出来た場合

C1→B4で合成:B4に合成することにより万が一B4に月が出来た場合でも9個盤面を作ることが可能で、コンボが出来た場合には火力ダイスとなるので、メリットが大きい合成となります。

リスクを極力減らすことがコンボが上手くなるコツなので、それを意識してみると良いでしょう。

 

・・・と文章化するとよく分からないので端的にまとめると四つ角+真ん中からそれ以外のところの出目を高くしていって、9個盤面を狙えるように合成していくというような感じです。これが出来るようになると月太陽のビルドがすごく楽になるので、月運用するときには覚えておくと良い技術の一つと言えます。

高出目の処理の仕方

月コンボミラーでビルドするときには高出目の処理は行いません。純コンボでは高出目が重なってくるとコンボ数を稼ぐことが出来ないので、適応と合わせて処理を行いますが、月コンボミラーでは出目数がかなり重要ですので、わざわざ処理しに行く必要はないでしょう。

ただし、80ウェーブ以降のナイト変換で適応事故を引いた時は『コンボの出目をなるべく減らさない』ように合成していくことが必要で、6,6適応を合わせるムーブが存在します。

純コンボでは適応を成長や召喚を回すため、また高出目コンボを畳むために使うことが多いかと思いますが、月コンボに関しては66,6適応、5,5適応などの合成を行って高出目コンボや月を作ることも必要ですので、頭の片隅にいれておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

純コンボ

BF/推奨ステ 効率
楽園/コンボ8以上 7.25枚/m
検証時参考ステータス
1350%/ジョーカー9/成長10/コンボ9/召喚9/適応14
ざっくり紹介
みんな大好き楽園純コンボ!PvPの頂点に立ち、クラス20で勝率を高めたい人や連勝を取りたい人が使っているダイス。現環境最強デッキ。実はこのデッキ協力でミラーを行ってもかなり効率が良い事を知らない人も多いみたい...

使い方は通常の楽園純コンボと同じなので使いなれてる方は説明をスルーしてもOKです!楽園を持っていない方やコンボの回し方が苦手な方は読んでください。

先にネタバレしておくと、レオンは味方です。

序盤~30ウェーブ

兎に角コンボを回していく。序盤は成長や召喚を回さずにコンボを回してコンボ数を稼いでいきましょう。

コンボを回すときのコツは各出目1個残しておくことです。通常ダイスを生成するときは1/5の確率でコンボを引くことが出来ますが、一つ残しておくことでジョーカーをコンボにすることが出来るので、実質2/5の確率でコンボにすることが出来ます。常に1/5を引き続けるよりも2/5を引いて行った方が安定してコンボ数を稼ぐことが出来ますので意識してコンボ数を稼いでいきましょう。

ナイト前で盤面がキラキラになってしまった場合は無理に合成せず相手に任せてナイト変換を待ちましょう。

中盤~60ウェーブ

ナイト変換後も基本的にやることは変わりませんが、ここでのポイントはレオンをちゃんとレオンを受けることです。純コンボはダイスの性質上出目がかなり高くなってしまいますので、レオンを受けて出目を定期的に下げてもらう必要があります。下げてもらうことで合成しやすくなり、盤面も調整できるようになります。

純コンボを使っている時のレオンは味方と思ってレオン待ちを意識しましょう。

終盤61ウェーブ~

ボスラッシュ意向はSP切れが起こりやすいので成長や召喚を回して高出目を作るようにしましょう。高出目を作ってレオンの咆哮で出目を下げてもらっても火力はキープできるくらいに出目が高いと安心できます。対戦の純コンボの場合は出目高を嫌い6出目の成長が出たら畳んだりしますが、純コンボミラーの場合は41ウェーブでSP上昇の上限突破するので高火力をキープすることが難しいです。そのため高出目をキープするためにあえて成長や召喚を回して火力を安定させます。

ナイト変換時は低出目コンボを合成したり、バフマスにコンボが載っていない場合には調整することで安定するので意識してみましょう。

スポンサーリンク

転移コンボ

BF/推奨ステ 効率
楽園/コンボ8以上 6.5枚/m
検証時参考ステータス
1350%/ジョーカー9/成長10/コンボ9/転移9/適応14
ざっくり紹介
バトルフィールドスキンに効果が発生しない時に最速と言われていた編成。何故かコンボ三兄弟の中で効率が一番低い結果に…

効率が低い理由はとても単純で転移採用は事故率が純コンボよりも高くなり、処理速度が純コンボよりも遅い状態が続いてしまうからです。バフマスの120コンボ出目6を2個置くことが出来れば純コンボよりも安定することもありますが、途中の処理速度が落ちてしまう点やナイト変換によるバフマスにコンボが乗らない事件により純コンボより効率が下がります。

また、転移コンボミラーは『相手が転移を送ってくれない』というストレス値も追加されるので”個人的”には好きじゃないです。自己完結しない分相手のPSが左右されるので、自己完結したい場合は純コンボか月コンボを使おう。

コツを先に伝えておくと『転移効率はフルシカトで序盤から送りまくる』です。

序盤~30ウェーブ

加筆中。完了次第Twitterで報告します。

中盤~60ウェーブ

加筆中。完了次第Twitterで報告します。

終盤61ウェーブ~

加筆中。完了次第Twitterで報告します。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク